双子 出産 方法 準備 費用

生まれてくる赤ちゃんにおかあさんの心音をプレゼントしませんか
赤ちゃんがぐずった時や寝かしつけにママの心地よい心音が効く!

 

妊娠中の心音を録音してCDに

双子出産は自然分娩?帝王切開?

双子出産は一人出産を続けて2回するのですから、母親の体力的や生まれてくる赤ちゃんの安全の為にも帝王切開が普通では?と思われるかもしれません。しかし、双子出産だからといって、絶対帝王切開と決まっているわけではないのです。

ただ、一人を出産する場合はまず自然出産(経膣分娩)で、それが無理にな場合は帝王切開で、というお産の方針がとられるのが一般的なのに対して、双子出産の場合は、病院の方針やママの希望、考え方によってどちらにするか選択されることが多いようです。


またママの希望、健康状態に関係なく、最初から双子出産は帝王切開と決まっている産院もあります。出産は危険を伴う為、進行状態によって途中で緊急に帝王切開に変更せざるを得なくなることがありますが、設備や医師、看護士等スタッフの関係などで迅速に対応することが難しい産院などでは始めから双子出産は帝王切開という方針にしているのです。


自然出産を行っている産院では、母親が自然分娩を希望していること、自然分娩の条件を満たしているかどうか、で判断がなされるようです。

通常、一人を出産する場合、ママの希望で帝王切開になることはあまりないのですが、双子出産の場合は、ママの希望があれば医師と相談の上、あらかじめ帝王切開出産を選択することもあります。ママが双子出産への不安が抱え、帝王切開を望んでいるのに、無理に自然分娩を強制されることはあまり無いと思います。

まずは双子出産の流れをよく理解した上で、自分自身がどのような分娩を望むか考えながら、産院、病院に相談の上、出産場所を選択してみてはいかがでしょう。

双子出産で自然分娩できるケースとは?

双子出産で自然分娩(経膣分娩)する為には一人の出産よりも条件が多くなります。その条件とは・・・


◎母子ともに健康であること(これは一人の出産でも当然ですが)


◎二人の赤ちゃんが順序よく産道に入ってこられる位置にいること

(当然ですが二人同時に出産するのではなく、一人ずつ順番に出産する為、一人が生まれた後に、

もう一人がスムーズに産道に入ってこられればお産は安全に順調になります。

この為、事前に二人の赤ちゃんの位置は必ずチェックしていきます)


◎初めに生まれてくる子が頭位(頭を下にしている)こと。


◎分娩前に破水の危険が少ないこと

(分娩が始まる前に破水してしまうと、より危険な為、そういう心配がないかも事前に調べます)

以上は双子出産前に確認することですが、条件が揃っていても分娩の途中から帝王切開に変更されることもあります。

双子出産で帝王切開になるケースとは?

最初から帝王切開と決めている場合ではなく、自然分娩を望んでいても、出産前に帝王切開に変更になることもあります。

一人の出産でも急遽帝王切開になることはありますが、双子出産の場合、以下のようなケースで帝王切開に変更になることが多いようです。


◎双子の赤ちゃんがなんらかの理由で(体重が少ない、へその緒が卵膜などに巻きついて心音が落ちる、羊水にトラブルがある等)自然分娩に耐えられないと思われる時


◎母親の体力が自然分娩に耐えられないと予想される時、特に妊娠中毒症等の合併症があったり、骨盤が狭いなどの場合にも帝王切開になるケースがあります。


◎赤ちゃんの状態によって、分娩途中でのトラブルが予想される場合、例えば一人目が逆子になってしまった、破水してしまった、双子の赤ちゃんがスムーズに順番に産道に入れる位置にいない等の場合も、帝王切開になるケースが多いようです。


◎上記以外にも、分娩が始まった後に、赤ちゃんの状態が悪くなる、分娩が長引く等、条件が変わってくれば急遽帝王切開になります。

双子出産と一人の出産の違いは?よい点はあるの?

二人出産する、しかも初めてのお産、という場合、一人でも心配なことがあるのに、いきなり2回も出産するような気持ちになり、不安が大きいかもしれません。一人の出産と双子出産の違いはどんなところにでしょう。


◎2回分娩する

当然ですが順番に一人ずつ出産するので、分娩が2回になります。これは仕方のないことですが、2回分娩するからといって、一人分娩する大変さの2倍にならないケースが多いようです。


◎分娩が始まった時のママの状態が一人出産よりもよいことが多い

一人の出産に比べて、双子出産の場合、陣痛が来るころには既に産道がかなり柔らかくなっていることが多く(これは双子の場合、お腹の張りが一人の妊娠に比べて早く始まり、その頃から子宮壁がどんどん伸びていく為です。)子宮口も既に開き始めている場合が多いのです。一人出産の場合、陣痛が来る頃にはまだ産道も固くて、子宮口も開いていないケースが多い為、分娩が始まる段階から双子出産の方がメリットがあります。


◎双子出産は一人一人にかかる時間や痛みが少ないことが多い

二人の赤ちゃんがお腹にいれば、ママのお腹は相当大きいのですが、赤ちゃん一人一人の大きさは小さめですので、産道の通過もスムーズでその分、痛みも少なく、時間も短くす済む場合が多いとよく言われます。


◎二人目が逆子でも自然分娩できるケースが多い

一人目の赤ちゃんが先に産道を通過して、十分に広げてくれているので、たとえ二人目の赤ちゃんがお尻から出てきても、案外スムーズに通り抜けられることが多いようです。


◎帝王切開では切る大きさや手術時間が一人より少ないことが多い

一般的には、一人でも双子でも帝王切開でメスを入れる部分はそう変わらないのですが、赤ちゃんの大きさが双子の場合は小さめですので、切る部分が小さめなケースもあるようです。また子宮が大きくなっている為、手術がやりやすいので、かえって手術時間が短縮される場合もあります。

双子出産後の注意点は?

子育ては出産より、その後が大変ですから、赤ちゃんの世話を倍しなければならない双子出産は確かに大変です。産後の母体の回復を優先できない環境の場合もありますが、なるべく産後は母体をゆっくり休める為、お手伝いを頼んでおくなど、その後の育児に向けての回復をはかる配慮が必要です。

子育て以外で、一人出産の時より、気をつけておいた方がいいのはママの身体です。産後も以前と同じサイズに、お肌に戻す為に、あらかじめ注意しておいた方がいいことは・・・


◎妊娠線予防

双子の妊娠ではかなりお腹が大きくなり、妊娠線も出やすくなります。お腹が大きくなってくる前に専用のクリームでのお手入れを始め、習慣にしておきましょう。


◎産後すぐにお腹のたるみを引き締める

産後は忙しくて、お腹のたるみどころではない環境ですが、かなり伸びた皮膚をなるべく早く元に戻し、骨盤の開きや子宮の位置を戻す為にも、専用のベルトや下着などで産後すぐにケアを始めましょう。

楽天で双子用ベビーカーを見てみる